「巻き爪矯正」に迷う人のためのお役立ちサイト

時間をかけて治そう!「巻き爪矯正」にはじっくり取り組もう

「巻き爪矯正」の特徴

「巻き爪」は足の親指に多くみられます。
巻き爪になると、靴に当たると痛いだけでなく、爪が皮膚に食い込むと皮膚が腫れるなどの症状がでてきます。
そのため、患部をかばうような不自然な歩き方から、腰や膝を痛める原因にもつながります。
このような不快な症状を改善する方法として「巻き爪矯正」が注目されています。

巻き爪の矯正は、爪に負担をかけないで行う点が大きな特徴です。
また、矯正にともなう痛みを感じにくいなどのメリットもあります。
さらに、爪にワイヤーを使って行う点も特徴のひとつですが、そうすることで、爪の成長とともに本来の姿に戻ることが期待されるのです。

ただし、巻き爪を矯正するにはある程度の時間が必要になります。
そのため、焦らずじっくり治療に取り組む覚悟が求められるかもしれませんね。

手術との違いとは

巻き爪を手術で治す方法もあります。
そのため「手術」を選ぶか迷う人も少なくないでしょう。

手術を行う大きなメリットは、治療期間が短くて済むことです。
ただ、手術後は安静にする必要性から、手術直後の生活に支障がでる場合もあります。
そのため、仕事で歩く機会が多い人などには、向いていないかもしれませんね。

一方、巻き爪の矯正には時間がかかります。
ただし、矯正期間中の生活や仕事に支障がでにくい、手術直後の痛みに悩まないなどのメリットもあります。

このように「手術」と「矯正」のどちらにも、メリットやデメリットが存在します。
また、巻き爪の症状や生活スタイルなどにも左右されるため、自分に合った方法を選びましょう。
なお、巻き爪の状態が深刻な場合は、早急な手術が必要になります。


この記事をシェアする