「巻き爪矯正」に迷う人のためのお役立ちサイト

「巻き爪矯正」の方法を知る

医療機関で行う矯正方法

医療機関で行う「巻き爪矯正」方法として、「マチワイヤー法」「アクリル固定ガター法」などが挙げられます。
そのなかでも注目されているのが「VHO式巻き爪治療法」です。

こちらの矯正方法は、ワイヤーの長さをはじめ、カーブや張り具合などを自分の症状に合わせられる点にあります。
また、型を取らなくてもよいため、短時間で施術可能なことも嬉しいですね。

さらに、爪に穴を開けないでワイヤーを引っ掛けることも「VHO式巻き爪治療法」の大きな特徴です。
そのため、爪へのダメージが少ない反面、爪を持ち上げるために痛みが生じるともいわれています。
治療方法を決めるときは、医師からきちんと説明を受けるようにしましょう。

なお、巻き爪矯正の治療には健康保険が使えない場合が多いため、事前に確認することが大切です。
治療先を探すときは、「皮膚科」や「形成外科」などでの検索をおすすめします。

自分で行う方法も

「巻き爪矯正」をするときは、自分の症状に合った方法選びが大きなポイントです。
また、皮膚の腫れや膿、爪水虫がある場合は、それらの治療を行う必要性がでてきます。

このような症状がない場合は、自分で巻き爪矯正することも可能といえます。
そうすることにより、通院の手間暇だけでなく、治療費軽減につながるかもしれません。
もちろん、健康被害を防ぐことが大事ですので、その点については冷静な判断が求められます。

自分で行う巻き爪矯正方法として「コットンパッキング」があります。
こちらは、爪の両先端に米粒大のコットンを詰める方法です。
コットンは毎日取替える必要がありますが、簡単にできる点でも重宝されています。
また、「巻き爪矯正器」を使うことも選択肢のひとつです。
巻き爪矯正機の購入前には、使い方や特徴を理解しておきましょう。


この記事をシェアする